サングラスフレームプロダクトレンズ国内プランド機能紫外線対策

ホントに使える子供用サングラスをホンキで考えてみた

子供用のサングラス

少し前と違って、最近ではサングラスをかけているお子様をたまーに見かけます。
特に、ベビーカーに乗った小さな子がアクセサリー感覚で身に着けているのは何とも可愛いですよね。
イメージとしては、遊び心のあるキュートでファッショナブルなアイテムのひとつ、といったところでしょうか。

しかしながら、今回取り上げたいのは、ファッションアイテムとしてのサングラスではありません。
子供たちの目を守るためのサングラスです。

 

よく耳にするんですよ。
ホントに実用性のあるサングラスを探しているけれど、見つからないというお話。

では、子供にとって『ホントに実用性のあるサングラス』とはどのようなものでしょう?
あらためて今回、ホンキでそれを考えてみたいと思います。

 

瞼裂斑、翼状片、白内障、紫外線角膜炎など、紫外線による目の病気は意外と多いのです。
目の紫外線被害については、世界保健機構(WHO)でも、皮膚の日焼け同様その危険性を訴え続けているほど。
これらの病気は、深刻な視力低下を引き起こす、怖い病なんです。

何より、15歳ごろまでは大人に比べ、目の水晶体が紫外線をより通しやすいのだとか。
しかしながら、特に学校に上がった子供たちの生活に、サングラスはなかなか定着しない現実があります。
時、そして場所・・・子供の生活には、なにかと制約がつきものだからです。

ましてや帽子に比べ、サングラスとなると、プライベートならともかく学校やクラブなどが絡むととってもハードルが高くなってしまいます。
屋外のスポーツでも、サングラスが禁止という公式試合は珍しくありません。

『グラサン』と呼んでいたころの名残でしょうか。
チャラチャラしている、派手、など、サングラスに良くないイメージを持っている方が未だにとても多いのです。

しかし実際に紫外線に晒されるのは、まさにそういう場でなんですよね。
炎天下でのスポーツ・・・・子供たちは長時間、練習に、試合に、休みなく励んでいます。
紫外線で白目が充血しているお子さんは少なくないでしょう。

 

 

そこで、サングラスハウスでは、メガネフレームにUVカット効果のある無色の伊達レンズをつけることをお勧めします。
こちらを『紫外線対策用のメガネ』として使用するのです。

 

イチオシなのがこちら。

世界で唯一、厳しい規格をクリアしたスポーツ用のメガネ
プロギア スポーツ用眼鏡です。

プロギアアイ・ガードシリーズは、子供のサングラスの選び方の大切なポイントである

・顔からずれない設計
・割れにくい(壊れにくい)レンズ
・レンズが内側に向かって外れない構造

この3点をきちんと網羅しています。

その上、S~XLまでの豊富なサイズ展開。
小さいお子様から中高校生以上(若しくは大人)でもご活用いただけます。

こちらは紫外線カット率99%以上の無色の伊達レンズ付きで販売しております。
すなわち、そのまま紫外線対策用のサングラスとして使用できます!

 

実は・・・。

お恥ずかしながら、かつて私の息子も夏、サッカークラブが終わると目を真っ赤にして帰宅していました。
瞼も腫れて、見た目だけでも痛々しいですし、深刻な視力低下をも引き起こす危険な目の日焼け。

大人の手で、きっちりと守ってあげたいですね。