ブランドプロダクト海外ブランド

ブランド品の「並行輸入」と「国内正規」の違い

ブランド品を買うとき多くの方が迷うのが値段ではないでしょうか。 欲しいけど、高いなんてことよく聞きます。

ですが、「ブランド=素材の良さ=価値」ではないでしょうか。
だからこそのブランド品としての魅力があるのだと思います。

では、どこでブランド品を買えばいいのか。
もちろん各々愛用しているブランド専門店で買えば安心して買えます。
しかし、同じく安心して買え、さらに同じ商品なら安く買いたいと思うのが心理。

、少しでも価格の安い商品を調べてみようとすると、よく目にするのが、「並行輸入品」と「国内正規品」というキーワード。
この「並行輸入品」と「国内正規品」では比べると大体は「並行輸入品」が安かったりします。
ですが、どちらも本物の商品に変わりありません。

また、どちらも製造元は同じブランドメーカーが生産、出荷している商品になります。
それではいったい何が違うのか。

「並行輸入品」と「国内正規品」の差は商品ではなく流通経路や保証にあります。

流通経路について

国内正規品の場合
ブランドメーカーが定めた代理店を通して仕入れられた商品になります。

並行輸入品の場合
主にブランドメーカーが日本国外で定めた代理店から仕入れた商品であることが多いです。
※安すぎる場合はこの限りではないので気を付ける必要があります。

販売元がなぜこのような手段をとるのか。
それは、「為替」にあります。
「為替」の値動きによっては、国内仕入れよりも安くできるため安く販売できるというメリットがあります。

保証について

国内正規品の場合
商品の購入後に不良が見つかったり、使っているうちに破損してしまったりすると交換や修理をしてくれます。

並行輸入品の場合
ブランドメーカーによっては、本物と保証できるものであるギャランティカード、商品登録番号等で保証してくれる場合もあります。

基本的に保証が効かないと思っていた方がよいです。