サングラスプロダクトレンズ

なぜ紫外線対策をしなければならないのか

サングラスをかけた女性

当たり前のように使われている言葉「紫外線」。
日中、日にあたると「紫外線対策を」なんてこと聞きますよね?
では、なぜ紫外線対策をしなければならないのか、調べてみました。

人は、一生日に当たらず生活することはできません。
室内にいても光が入ってくれば紫外線を受けていることにもなるのです。
とはいえ、紫外線が人体に必ずしも悪いというわけではありません。
現代医学では、紫外線は治療にも使われ少量であれば身体には良いとされています。
ただし、1980年代から急激なオゾン層の破壊により紫外線量が増えてきているため、夏の日光浴など長時間にわたり太陽光に当たり続けることは身体には良くありません。

紫外線は太陽光の中に含まれます。

例えばですが、太陽の前に立って直接太陽光を受けると生態に対する破壊性が非常に強く、短時間で死に至ります。
ですが、その破壊性の強い紫外線は、地球上で生活する我々は、成層圏にあるオゾン層によって守られています。
しかし、このオゾン層、すべての紫外線を吸収してくれているわけではなく、一部は地表まで届いてしまうのです。
その地表に届く紫外線、さすがに長時間にわたり浴び続けると身体に悪影響を与えてしまいます。

では、実際に健康被害のでる紫外線とはどういったものなのでしょうか。

日中、みなさんが見えている光(光線)ですが、これを「可視光線」といいます。
実はそれが紫外線でもあるのです。
紫外線には3つの波長が含まれており、それぞれ地上に届く波長が違います。
波長の長いものほど地表に届きます。

ちなみに電波は紫外線よりも波長がながいそうです。←余談ですが、、、
それでは、違いを見てみましょう。

UVA : (長波長紫外線:315~380nm)
 太陽光線由来のもののうち、5.6%が大気を通過する。
皮膚に作用し、蛋白質を変性させる。細胞の機能を活性化させる。
 また、UVBによって生成されたメラニン色素を酸化させて褐色に変化させる。

UVB : (中波長紫外線:280~315nm)
太陽光線の由来のもののうち、0.5%が大気を通過する。
人体で言う皮膚に作用し、色素細胞がメラニンを生成し防御反応を取ります。
これが「日焼け」です。

UVC : (短波長紫外線:280nm以下)
オゾン層で守られているため地上には到達しません。
もし、将来オゾン層が破壊されてしまった場合、地上に到達の恐れがあり生態系に与える被害は甚大だとも言われています。
※データは「ウィキペディア」より抜粋したものです。

UVA :
コラーゲンやエラスチンなどに影響を与え、皮膚のたるみやシワの原因になるそうです。

UVB :
日焼けの原因となり、敷いては、しみ・そばかすの原因になるわけです。
この光線を浴び続けることで皮膚がんになる原因とされているようです。

UVC :
今は、届かないので特に影響はありません。