オークリースノーゴーグルプロダクト

危険から身を守る!ゴーグルが必要な2つの理由

スキーやスノーボードなど、雪上のウィンタースポーツに欠かせないスノーゴーグル。

しかし、これらのスポーツは、それでなくても身に着けるアイテムが多く、出費もかさむもの。
また、眼に直接装着するため、煩わしく感じることも。

だからと言ってゴーグルを着けないのは大きな間違いです。
ゴーグルは必需品と言えるほど、ゲレンデでは重要な役割を果たします。

理由として、大きく分けて以下の2つがあります。

(1)ゲレンデ上での紫外線や雪から目を守る
(2)視界を確保し、けがや事故を避ける

(1)ゲレンデ上での紫外線や雪から目を守る

俗にスキー焼けと言われる、雪に反射した光によって生じる日焼けは、肌だけでなく眼にも被害を及ぼします。
眼の日焼けはとても深刻で、日光による結膜炎のみならず、白内障などの怖い病気を引き起こす原因にもなります。

また、風が強い日は直接粉雪が入り、眼を傷つけてしまう恐れがあります。

スノーゴーグルを着用することで、これらから簡単に目を守ることができます。

(2)視界を確保し、けがや事故を避ける

ゴーグルは転倒した際、顔を守ってくれるという大切な役割があります。
特に初心者に多い逆エッジは、体のバランスを不意に崩したときに生じ、顔面を強打する恐れがあり非常に危険です。
ゴーグルを着用していたからこそ、レンズに日々が入る程度で済んだというのはよく聞くお話です。

思わぬ事故は、楽しい時間を奪ってしまう結果にもなりかねません。
そうならないためにも、初心者ほどしっかりゴーグルを装着し、思う存分ウィンタースポーツを楽しんでください。

最後に、スノーゴーグルのお手入れについて、アドバイスを少し。

ゴーグルレンズの外側は一見傷つきやすいように見えますが、雪上だと傷つきにくく、猛スピードで滑り転倒してゴーグルが吹っ飛んだ場合でも意外と大丈夫なもの。

逆に、レンズの内側はとても傷つきやすく、グローブの指先でちょっと擦っただけでも傷がついてしまいます。
間違ってもレンズの内側についた雪やごみなどを、グローブの先でこすったりしてはいけません。

ゴーグルの内側は、きちんと乾燥させてから、ゴーグル専用の布袋でごみをふき取ってください。

また、メガネ拭きは使用できませんのでご注意を。

OAKLEY [オークリー]のスノーゴーグル

OAKLEY [オークリー]のスノーゴーグル

クオリティ抜群、見た目にも高級感のあるオークリーのスノーゴーグル。
アジアンフィットを選べば、フィット感抜群。着用するとまわりのコントラストが上がり、斜面の凹凸が見やすいのが特徴です。また、レンズの取り換えが非常に楽にできることも世界のアスリートに愛用される理由のひとつです。

DRAGON [ドラゴン]のスノーゴーグル

OAKLEY [オークリー]のスノーゴーグル

サーフィンやスノーボードなど激しい動きやクラッシュの多いアクションスポーツをサポートするアイウェアブランドとして、1993年に設立。数々のベストプロダクト賞を獲得、世界初のフレームレスゴーグルをネクストレベルへ進化させました。DRAGON(ドラゴン)は最新のテクノロジーとスタイルを追求しながら、「視認性」「安全性」「耐久性」「軽量性」の向上に努めて続けています。

VONZIPPER [ドラゴン]のスノーゴーグル

vonzipper(ボンジッパ)ーのスノーゴーグル

アメリカのアイウェアブランド、VONZIPPER(ボンジッパー) は、ハリウッドのセレブ愛用の人気ブランドです。
デザイン性に優れた洗練されたブランドバリューはアイウエアに留まらず、アクセサリー、アパレルなど多彩な商品を販売しています。